国際会議(査読あり)

  1. Tomokazu Hayakawa and Hayato Suzuki, Design and Implementation of Programming Learning System that Shares Coding Process with Others, Proc. of CSEIT (Computer Science Education: Innovation and Technology) 2018, pp.97–100, Singapore, 2018.

学会発表(査読あり)

  1. 水村総之介,早川智一:WebAssemblyの高速化を支援する実行環境の切り替えが容易なフレームワークの提案と試作,第30回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集,pp.141-148,オンライン,2022.

学会発表(査読なし)

  1. 横井翔太,早川智一:C言語のプログラムを関数ごとにテスト可能なウェブブラウザ上で動作するインタプリタの提案と試作,情報処理学会第84回全国大会講演論文集第3分冊,pp.323–324,愛媛大学,2022.
  2. 平山勇太,早川智一:物理ルータの設定を Linux に適用可能にするトランスレータの提案と試作,情報処理学会第84回全国大会講演論文集第3分冊,pp.325–326,愛媛大学,2022.
  3. 阿部創志朗,早川智一:Ansibleの保守性向上を目的としたDSLの提案と試作,情報処理学会第84回全国大会講演論文集第3分冊,pp.327–328,愛媛大学,2022.
  4. 玉木英鴻,平山勇太,横井翔太,早川智一:ビジュアルプログラミングによる視覚的な非同期処理の学習支援システムの提案と試作,第20回情報科学技術フォーラム(FIT2021)講演論文集第4分冊,pp.237-238, オンライン開催, 2021.
  5. 水村総之介,阿部創志朗,早川智一:Web Workerの学習コストと非同期処理との親和性とに着目したJavaScriptスレッドライブラリの提案と試作,第20回情報科学技術フォーラム(FIT2021)講演論文集第4分冊,pp.239-240, オンライン開催, 2021.
  6. 大萬將陽,水村総之介,早川智一:ウェブブラウザの種類とバージョンに着目したHTML-lintの提案と試作,情報処理学会第83回全国大会講演論文集第3分冊,pp.141–142,オンライン開催,2021.
  7. 宇佐見優一郎,早川智一:Web WorkerにDOM操作機能を提供するフレームワークの設計と実装,情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS),Vol.2020-DPS-185, No.6, pp.1–8,オンライン,2020.
  8. 福田敦,吉田景,早川智一:不意の通信切断を考慮したWebSocketエミュレーションフレームワークの提案,情報処理学会第82回全国大会講演論文集第3分冊,pp.139–140,金沢工業大学,2020.
  9. 宇佐見優一郎,早川智一:Web WorkerにDOM操作機能を提供するフレームワークの提案,情報処理学会第81回全国大会講演論文集第3分冊,pp.227–228,福岡大学,2019.
  10. 鈴木颯渡,早川智一:コーディング過程を共有するWebアプリケーション用フレームワークの改良法の提案,情報処理学会第81回全国大会講演論文集第3分冊,pp.233–234,福岡大学,2019.

受賞(学会)

受賞年月日 賞名 著者名 論文名 備考
2022年3月5日(土) 学生奨励賞 横井翔太,早川智一 C言語のプログラムを関数ごとにテスト可能なウェブブラウザ上で動作するインタプリタの提案と試作 情報処理学会第84回全国大会学生セッション(クラウドとエッジコンピューティングシステム)
2019年3月15日(金) 学生奨励賞 宇佐見優一郎,早川智一 Web WorkerにDOM操作機能を提供するフレームワークの提案 情報処理学会第81回全国大会学生セッション(マルチメディアシステム)

受賞(学内)

受賞年月日 賞名 受賞者名 備考
2019年4月2日(火) 向殿政男賞 泉遼太 2019年度新4年生GP順位第3位